太るサプリとの併用で効果アップ!運動で太る筋肉トレーニング

私は高校1年のころ身長171㎝でしたが体重47㎏でやせっぽちでした。
ですが、筋トレと食事で一年間で58㎏まで体重を増やすことが出来ました。

太る方法は基本的にお相撲さんをイメージして頂けるといいです。
筋肉トレーニング(稽古)をして、一日2食しか食べない代わりに大量に一度のご飯を食べることです。

こうやって少ない食事でたくさん食べることにより、胃拡張になりますので、少しずつですが、たくさん食べ物が食べられるようになります。

また、筋肉トレーニングは大事です。

きれいに太るデブエット

太るといってもきれいに太らなければならないですし、体が栄養を枯渇していなければ太りません。

この記事を読んでいる方はおそらく体が栄養を枯渇しておらず、細い体が安定していると推測されます。

本当はプラス10キロも太ると体に負担がかかり、しんどくなるのですが、筋肉で体を作るとあまり、無理なく太れます。

ですが、それ以上太る場合生まれつきの骨格の限界を超えてしまいますので、要注意です。

もししたい場合ボディービルダーがしているように「消化剤」を病院なり薬局で手に入れ飲むことをお勧めします。

なお、食事ですがお相撲さんのちゃんぽんのようになるべく咀嚼することなく短時間で食べられるものが太るためには適しています。

咀嚼(そしゃく)回数が多くなると満腹中枢が刺激されてあまり食べることが出来なくなるからです。

また、短時間で食事が終われば、体の負担も軽く続きやすいです。

食べたらすぐ練る

お相撲さんがすることで真似したいのは食べたらすぐに寝ることです。

これはさすがに朝食後や昼休みにはまねできないですが、夜食と言う形では真似できるはずです。

とはいうものの即効効果がでるのはやはり、筋肉トレーニングと消化剤です。
美しく太るためには必須です。

筋肉トレーニング

さて、筋肉トレーニングはどうしたらいいのでしょうか。
始めは腕立て伏せと懸垂をしているといいです。

簡単にできるようになれば、ジムに行けばいいです。
なお筋肉トレーニングとは筋肉の繊維を程よく破壊することにあり、その後休憩を2日くらいすることで筋肉の繊維の超回復を起こさせることにより筋肉の繊維の肥大を狙っています。

ですので、筋肉トレーニング後は絶対に休憩を2日くらいとる必要があります。

筋肉トレーニングは大体20回から10回しかできない回数の運動を3セットすると効果が一番高いです。

続きですが、腕立て伏せと懸垂が簡単にできるようになればもうかなり、痩せマッチョで筋肉質で美しい体が手に入っているハズです。

ここから先はジムでのバーべルやマシーンでの本格的な筋肉トレーニングが始まります。
とは言っても基本は同じです。

ただ、バーベルやマシーンに自分の体重を使った自重トレーニングから変わっただけです。

より強い刺激(筋繊維の破壊)ができます。

ここで、下半身の筋トレも始めることをお勧めします。
スクワットで、始めは何も使わず50回×3セットできるようになるよう頑張って下さい。
その後バーベルをもってスクワットをするように移行していって下さい。

大きな筋肉を鍛えることで太ることを目指しますので、他の細かい筋肉トレーニングは無視しましょう。

上半身はベンチプレスと懸垂で十分です。

ベンチプレスは自分の体重位が持ち上げられるともう十分です。
では以上となりますので、頑張ってください。

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です