健康的なデブエット!太る為の生活習慣

食べてもなかなか太らない、痩せすぎているのがコンプレックスだという人は多くいらっしゃると思います。

そんな方にオススメなのがデブエット!生活習慣をちょっと見直すだけですぐに太る事が出来ます。

運動で太る

一つは運動です。摂取カロリーに対して消費カロリーが多いと人間は痩せるので、逆に摂取カロリーに対して消費カロリーを抑えれば太る事が出来ます。

昔からよく「食べてからすぐに寝ると牛になる」と言われていますが、まさにその言葉のとうりで、食べてもそこまで多く動かなければ太ります。

通勤で太る

次に移動手段です。通勤だったら電車・バスではなく車を使う機会が多くなると、歩く歩数が減るので、太ることが出来ます。

電車やバスは予め決められた乗り場から目的地までの距離を歩く必要があり、その分カロリーを消費しますが、車だと自分が行きたい目的地まですぐ行く事が出来てしまうので、その分歩く距離が短くなり、消費するカロリーも少なくなるからです。

食事で太る

そして食事です。欧米の人たちを見ても分かるように、肉中心の生活をしていると、体にたんぱく質が蓄積されてどんどん太っていく事が出来ます。たんぱく質といえば、肉以外にもごはんやパンにも多く含まれているので、そういった食品を積極的に摂取することによって太りやすい体質になって行きます。

食べる量ですが、朝に多く食べるよりは夜に多く食べた方がより太りやすいです。
というのも、人間の基礎代謝は夜よりも朝の方が上がりやすいので、逆に基礎代謝の上がりにくい夜を狙ってディナーを多めに取る事をおすすめします。
しかし、このような生活をずっと送っていると生活習慣病になってしまうリスクもあります。

健康に気をつける

いくら太りたいからと言って、たくさんご飯を食べて、運動も何もしないという生活を繰り返していると、糖尿病や動脈硬化の原因を作ってしまうだけで最悪死に至ってしまうケースもあります。

ですので運動を夜に少しでも行う事をおすすめします。先程申しましたとうり、人間の基礎代謝は朝が上がりやすいので、逆に基礎代謝の上がりにくい夜に軽いウォーキング等を取り入れていく事によって、危険な病気を招くリスクを抑える事が出来ます。

健康面を考えると軽いウォーキングを継続して行う事が一番良い方法ですが、短期間ですぐに太りたいという方には有酸素運動ではなく筋トレ等の無酸素運動をする事をおすすめします。

たんぱく質を筋肉に変えて体を大きくする方法です。痩せててガリガリだと男性は特に貧弱そうで頼りないイメージになってしましますが、ある程度太って体が大きくなって更に筋肉質な体になると、女性からもがっちりしていて頼りがいがありそうという良い印象を持ってもらえるので頑張る価値ありです。

女性の場合は、そこまで筋肉質にはならなくても、ガリガリよりはある程度肉が付いててお腹周りや二の腕が締まっている方が男性受けも良いので、こちらも頑張る価値ありです。

このように運動と食事のバランスを上手く調整することによって、健康的に太ることが可能になります。

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です