ガリガリの痩せ型からの脱却!健康的に太るデブエットは運動から

世の中ダイエット記事は氾濫していますが、その逆の体重を増やすための方法や情報は、それこそ皆無と言っていいほど見当たりません。

食べるとすぐに太ってしまうと言う悩みとは別に、食べても太れないし何時まで経ってもガリガリで、なんかみっともなく感じるという悩みを持った人もいるわけです。

ダイエット中の人に言わせれば贅沢な悩み、と言う事になるでしょうがそちらもまた当人にとっては深刻な悩みです。

デブエットで健康的に太る体を手に入れる

さて何とか少しでも太りたい、体重を増やしたいと思った場合ですが、単に太りたいのかそれとも健康的に体重を増やしたいのかで、方法も変わってきます。

元々食べても太れないと言う人の場合、非常に基礎代謝が高い身体をしていると言う事です。食べても代謝量が大きいので、食べた分動きで全部のカロリーを消費してしまい、それでも足りない場合なけなしの脂肪も使ってしまう身体なのですね。

なので基礎代謝量を下げれば、カロリー消費も抑えられることになります。簡単な方法としては、動く時にあまり早く動かずにのんびりとした動作で過ごす。食事の後などはすぐに動かずに、ちょっと横になってのんびりするなどすれば、少しだけでも代謝量は抑えられます。

ついでに食事を炭水化物主体にしてしまえば、いやでも身体に肉がついてきます。

しかしこれだと単に太るだけで、しかも性格的にこの手のノンビリは向いていない、炭水化物はあまり好きではないという方の場合、やはり健康的に体重を増やすために運動がおすすめです。

運動で体重を増やす

でも運動したら筋肉がついて、基礎代謝も余計に上がるのではと言う心配もあるでしょう。勿論筋肉が増えればその分、基礎代謝量も上がります。しかし筋肉が上手くつけば、身体の線もガリガリでは無く綺麗になってきますし、体重も増えていきます。

正直な話、ガリガリに痩せているという人の場合、筋肉も不足しているからそういった痩せ方になっていると言って、過言では無いわけです。しっかりと筋肉をつけていけば、痩せすぎのガリガリから抜け出せることになります。

さてこの筋肉を上手くつけて、綺麗なガリガリではない身体にする運動方法ですが、ここはやはり有酸素運動をおすすめしたいところです。呼吸を深く出し入れできる有酸素運動の場合、ダイエットにも勿論有効な、呼吸を使って脂肪を溶かし筋肉に変換すると言う作業が出来ることになります。

でも痩せ型の人の場合溶かす脂肪が無いじゃないか、と思われるかもしれませんが、内部脂肪など余分な脂肪はどこかについているものです。そちらの処理をしつつ、身体に綺麗に筋肉をつけていけば、ガリガリの痩せ型からの脱出が叶うと言う事になります。

有酸素運動としては、ジョギングやバレエなどがおすすめです。特にバレエは姿勢も良くなりますので、筋トレと同時に綺麗になりたい方には、大変におすすめの運動になります。

体重に関しても筋肉は脂肪よりも重いと言う事は、皆さんご存知でしょう。上手く筋肉をつければ、体重も自然に増えると言う事です。

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です