デブエット成功!太りにくい私が実際にした健康的に太る方法

太りにくい私が実際にしている太る方法

私は遺伝で痩せやすい体質で、子供の頃からずっと痩せ型です。
今は25歳ですが、体重は身長158㎝に対し40㎏ほどです。
健康のことを考えたら、52㎏程度が妥当です。

なかば「遺伝だから」と諦めて過ごしていましたが
ネットで健康的に太る方法を調べていたら運動と食事量の増加がベストだと知りました。
ところが、私は運動が大の苦手で滅多に運動はしません。どこかに行くとしたら車にすぐに頼ってしまいます。自転車も滅多に乗りません。
仕事に行っている日でもバス停まで5分歩く程度、社内を歩くのでも合計で5分程度なのでかなりの運動不足に該当します。

これだけ運動不足であれば普通は太るはずなのですが、もともと代謝がいいのと運動量の低下からお腹が空かないので痩せてしまいます。

なので、運動音痴な私でもウォーキングくらいなら出来るため天気がいい日は15分ほど一定のリズムで歩いて、おなかを空かせてから食事を取ります。
15分歩いただけでもお腹は結構空きます。
とくに効果が見られたのは小腹が空いてきたときにあえてウォーキングをして意図的にさらにおなかを空かせることで食事量を増やしていました。

そうすると実際に太ることができ、1か月で2㎏増えました。
25歳と言う年齢も関係あるのかもしれませんが、30歳を前に徐々に代謝が低下してきているのをあえて利用しています。

最も効果があったのは脂質を食べる事

お肉を食べると本当に太ります。
といっても、お肉だけに限定してしまうと栄養バランスが崩れるので
炭水化物、野菜も同時に食べるようにしてバランスよく食べて体重を増やしています。

とくに夜はバランスの取れた食事を取っています。
朝食も基本的には食べられない方なのですが、生理前になると異様にお腹が空いて
朝からでも食べることが出来るので体調に合わせて食べられる量を調整しています。

また、太りたいがために血迷ったことをしたこともあります。
それは「糖質の過剰摂取」です。
お菓子=太るという短絡的なイメージを持っていた私は太りたいがために
自分の好きなお菓子であるチョコを毎日たくさん食べてその結果太りはしましたが肌荒れしました。顎回りにニキビがいくつもできました。
これではいけないと思い、お菓子を食べる代わりに小腹が空いたときは野菜や果物に切り替えました。

そうすると体重は増えますし、肌荒れも果物や野菜が持つ栄養素で解決することが出来たので
今もおやつは果物か野菜のどちらかです。

鍛えすぎはNG。太るどころか痩せてしまう

知人から「筋肉を付けたら体重増やせるよ」と言われ、2か月間腕立て伏せを週3のペースでしていたら
体重が当時41㎏だったのがじわじわと減って2カ月後には37㎏まで減りました。

食べる量は増えましたが、筋肉がついたせいで代謝がより上がってしまい脂肪がつきにくくなり
体重が増えにくくなりました。
そのため、腕立て伏せを2か月間サボって筋肉を退行させやっと体重を3㎏取り戻しました。
(2017年7月に37㎏、同9月に39~40㎏まで増やしました)

体にはある程度の筋肉は必要ですが、鍛えすぎると痩せてしまうのでもう私は腕立て伏せはしません。
どうやら私にはウォーキングは空腹を促すのにも使えるのでまだしも、腕立て伏せは合っていないんだなと感じました。

まとめ

体重を増やすのにはあえて運動をするというのも手ですが自分に合った運動をしましょう。
また、肌をきれいな状態をキープしながら太りたいという人にはおやつをお菓子以外の野菜か果物に置き換えることをおすすめします。
水分をたくさん摂って太ろうとしたこともありましたが、一時的に太っても出ていくのが早い上におなかを下すのでおすすめしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です