今から始めるデブエット!太るためにはまず「太る身体」づくりから!

「太りたいからたくさん食べて頑張っているのに太れない。」という方、たくさん食べるだけでは太れるようにはなりません。

高カロリーのものを食べる、夜食をたくさん食べる、運動を控える…このような方法では理想の身体に近づくことも難しいです。まずは健康的な「太る身体」づくりを目指しましょう。

太るための生活リズムを作る

時間がなくて朝ご飯を抜いたり、面倒くさいからとお昼をお菓子などで適当に済ましたり、あるいはお昼頃起きて朝と昼を1食で済ましたりしていませんか?

太るために一番大切なのは、1日3食きちんと食べる事です。

太りたくても太れない人は小食な人や、空腹感を感じにくいという人が多いですが、無理にたくさん食べる必要はありません。1度の食事量を増やす前に、まずはしっかり3食食べられるようにしましょう。

そのためには正しい生活習慣を整えねばなりません。起床する時間が遅いとお腹がすかないので1日2食でも過ごせてしまいます。ですから朝、毎日決まった時間に起きて朝食をとることで、自然に昼もお腹がすくはずです。このとき後回しにせず、きちんとお昼ご飯を食べましょう。夜もお腹がすいて無理なく1日3食とることができるようになります。
このように食事のタイミングを整えることによって、自然に食べる量を増やすことができるのです。

もちろん朝早く起きるだけでなく、適切な睡眠時間をとる事を忘れてはいけません。睡眠時間が少ないとストレスが溜まり精神面や身体に負担がかかってしまうので、食欲がわかない原因になります。基本的には7時間の睡眠が理想とされていますが個人差があるので、日中眠くなってしまわない程度にしっかり睡眠時間をとりましょう。

食べ方を変えて「太る身体」を作る

1食の量を増やしたり高カロリーのものを食べるように意識する前に、食べ方を意識して胃を鍛えましょう。

まずはしっかり噛んで食べることです。よく噛まないで飲みこんで、早食いしていませんか?よく噛まないことで胃腸に負担がかかります。胃腸が弱ければ弱い人ほどよく噛んで食べなければなりません。胃腸が弱いと食べるものの種類や量によってすぐ胃を痛めてしまうので、痩せる原因にもなります。

1口30回程度しっかり噛んで、胃腸への負担が軽減し、丈夫な胃腸をつくりましょう。
また、食べる順番を意識して「太る身体」をつくることができます。ご飯やおかずなど普段は特に意識して食べていないかもしれませんが、お腹がすいている状態で炭水化物を食べることで、血糖値が上がり身体に脂肪が付きやすくなるのです。

そのため太るには、「ごはんや麺類など炭水化物→肉や魚などのたんぱく質→野菜や汁物」という順番で食べることがポイントです。

適度な運動をしてお腹をすかせる

食べてゴロゴロしていれば太れるのでは、と思いがちですが、運動量が少ないとお腹がすきにくくなるので太るのは難しくなります。

腕立て伏せ、腹筋、スクワットなどの簡単な筋トレで適度な運動をしましょう。無理をせず、正しい姿勢でできる範囲のセット量を行うことが継続につながります。

またほとんど運動をしないという方は、軽いジョギングやウォーキング、自転車走行などがおすすめです。これらはあまりやりすぎると痩せてしまうので過度な運動は禁物ですが、血液循環の向上を期待できます。身体を動かしてお腹をすかせ、おいしくたくさん食べられる身体を目指しましょう。

まとめ

太るためには食べ物を変えたり、サプリを使用したり、様々な方法があります。しかしどれも「痩せる人の生活リズム」である限り、うまく太ることができません。

食べても食べても太れない人は、自分では気がつかないかもしれませんが、「痩せるリズム」の生活の中で過ごしています。正しい生活リズムの中で生活することによって得られる、「健康的な太る身体」は、理想の身体に近づくための大切な基礎です。まずは基本的な身体づくりからはじめてみましょう。

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。

デブエットは効果アリ?デブエットしても太ってる人、痩せてる人

近年、健康な身体造り、メタボ対策、ダイエット、美容など健康志向な時代になってきました。

以前まではダイエットや美容などは女性視点で見られていましたが、最近では男性も健康や美容を重要視する傾向にあります。

運動不足を解消したい、若い頃に比べると脂肪がついてきた、締まった身体にしたい、マッチョになってモテたい!など理由はさまざまです。

デブエットの効果

しかし逆はどうでしょうか。

痩せてるから太りたい、食べても太らない、身にならない、食べても食べても太らない。
こんな人も少なくありません。

なら太りたいならどうすればいいのか、簡単に言えば沢山食べる、寝る、食べる、寝る、を繰り返せば早い話です。

でもそれでも太らないんだよ!って言うのがそういった人たちの悩みです。

しかし実は、痩せてる人や食べても太らない、太れないといった方々は(大食いでTVに出るような人たちは例外)自分が思っている以上に食べてません!某バラエティー番組でお笑い芸人のナインティナインの矢部浩之さんを太らそうというデブエット企画がありましたが、あれを見てわかるように矢部浩之さんは少食なんです。

一人前を食べきるのも危ういくらい。

しかしちゃんと3食食べるし寝る前にお菓子まで食べちゃうけど太らないなんて人もいますが、実際の量は思ってるほど多くありません。

それなら太っている人の1日の食事はどうなのか。

まず朝ごはんをしっかり食べます。
和食、洋食、どちらでもかまいませんがしっかり食べます。

朝からカレーライスやカツ丼平気で食べれます。
お昼はラーメン大盛チャーハン餃子セットなんか当たり前に食べてしまいます。

そして3時のおやつ的な感覚でパンやケーキなどを食べます。

夜はというとビールにおつまみ、焼き肉、お寿司など高カロリーのもので1日を締めます。

そのあと寝る前に小腹がすいてまたラーメンなんてことは当たり前にやっちゃいます。
これだけでも普通の人よりカロリーオーバーですが、痩せてる人と比べればものすごい差です。

食べても太れない痩せてる人は普通のラーメンを一杯食べるのがいっぱいいっぱいでしょう。
へたすれば残します。

じゃあ食べれないなら太れないじゃないかとおもうでしょうがある方法で太れます。

それは筋トレです。

筋トレで太る

筋トレで身体を鍛え上げ追い込みしっかり食事をとり、食事で補えないはやたんぱく質をプロテインで補う。

これだけです。

食べる量が少なくてもプロテインやアミノ酸系のサプリでしっかり栄養補給できて身体を作ってくれます。

ところが、筋トレやっても筋肉がつかない、太くならない、効果がでないからガリなんだよ!困ってるんだよ!と思う人もいるかもしれません。

安心してください、この件にかんしても、筋トレの結果がでない人や筋トレしてもガリガリって人は自分が思っている以上に筋トレで身体を追い込んでいません。

筋トレで筋肉がつかない人間はこの世に存在しません。

自分が思っている以上に食べてない→自分が思っている以上に筋トレで追い込んでない=筋肉が作られない。

こうなるわけです。

サプリメントで太る

食べれないなら食べれないなりにサプリなどの補助があります。
少し甘さを捨てて自分を追い込めば必ず成果はでます。

ただ太りたいなら食べればいい。

それができないなら筋トレとサプリで自分に厳しくする。
ようは痩せるも太るも自分に厳しく、甘えを捨てるってことですね!少しの努力で人は変われます!

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。

デブエット成功!太りにくい私が実際にした健康的に太る方法

太りにくい私が実際にしている太る方法

私は遺伝で痩せやすい体質で、子供の頃からずっと痩せ型です。
今は25歳ですが、体重は身長158㎝に対し40㎏ほどです。
健康のことを考えたら、52㎏程度が妥当です。

なかば「遺伝だから」と諦めて過ごしていましたが
ネットで健康的に太る方法を調べていたら運動と食事量の増加がベストだと知りました。
ところが、私は運動が大の苦手で滅多に運動はしません。どこかに行くとしたら車にすぐに頼ってしまいます。自転車も滅多に乗りません。
仕事に行っている日でもバス停まで5分歩く程度、社内を歩くのでも合計で5分程度なのでかなりの運動不足に該当します。

これだけ運動不足であれば普通は太るはずなのですが、もともと代謝がいいのと運動量の低下からお腹が空かないので痩せてしまいます。

なので、運動音痴な私でもウォーキングくらいなら出来るため天気がいい日は15分ほど一定のリズムで歩いて、おなかを空かせてから食事を取ります。
15分歩いただけでもお腹は結構空きます。
とくに効果が見られたのは小腹が空いてきたときにあえてウォーキングをして意図的にさらにおなかを空かせることで食事量を増やしていました。

そうすると実際に太ることができ、1か月で2㎏増えました。
25歳と言う年齢も関係あるのかもしれませんが、30歳を前に徐々に代謝が低下してきているのをあえて利用しています。

最も効果があったのは脂質を食べる事

お肉を食べると本当に太ります。
といっても、お肉だけに限定してしまうと栄養バランスが崩れるので
炭水化物、野菜も同時に食べるようにしてバランスよく食べて体重を増やしています。

とくに夜はバランスの取れた食事を取っています。
朝食も基本的には食べられない方なのですが、生理前になると異様にお腹が空いて
朝からでも食べることが出来るので体調に合わせて食べられる量を調整しています。

また、太りたいがために血迷ったことをしたこともあります。
それは「糖質の過剰摂取」です。
お菓子=太るという短絡的なイメージを持っていた私は太りたいがために
自分の好きなお菓子であるチョコを毎日たくさん食べてその結果太りはしましたが肌荒れしました。顎回りにニキビがいくつもできました。
これではいけないと思い、お菓子を食べる代わりに小腹が空いたときは野菜や果物に切り替えました。

そうすると体重は増えますし、肌荒れも果物や野菜が持つ栄養素で解決することが出来たので
今もおやつは果物か野菜のどちらかです。

鍛えすぎはNG。太るどころか痩せてしまう

知人から「筋肉を付けたら体重増やせるよ」と言われ、2か月間腕立て伏せを週3のペースでしていたら
体重が当時41㎏だったのがじわじわと減って2カ月後には37㎏まで減りました。

食べる量は増えましたが、筋肉がついたせいで代謝がより上がってしまい脂肪がつきにくくなり
体重が増えにくくなりました。
そのため、腕立て伏せを2か月間サボって筋肉を退行させやっと体重を3㎏取り戻しました。
(2017年7月に37㎏、同9月に39~40㎏まで増やしました)

体にはある程度の筋肉は必要ですが、鍛えすぎると痩せてしまうのでもう私は腕立て伏せはしません。
どうやら私にはウォーキングは空腹を促すのにも使えるのでまだしも、腕立て伏せは合っていないんだなと感じました。

まとめ

体重を増やすのにはあえて運動をするというのも手ですが自分に合った運動をしましょう。
また、肌をきれいな状態をキープしながら太りたいという人にはおやつをお菓子以外の野菜か果物に置き換えることをおすすめします。
水分をたくさん摂って太ろうとしたこともありましたが、一時的に太っても出ていくのが早い上におなかを下すのでおすすめしません。

デブエットという選択!健康的に太る方法を知っていますか

デブエットという選択!健康的に太る方法を知っていますか

ダイエットと同様に太る方法にも間違ったやり方で健康に影響をおよぼすことがあります。太りたいと思っている方は、健康的に太る方法を正しく理解し実践することが大切です。その為には、最初になぜ太るのかを理解する必要があります。我々の身体はエネルギーを常に消費していますが、身体に摂取したエネルギーから消費したエネルギーを差し引いた時の余分のエネルギーが太ることを意味しています。すなはち、太るためには、摂取するエネルギーを増やすか又は消費するエネルギーを減少させるかが必要になります。これが基本的な太る為の仕組みとなります。

デブエットはエネルギーから

摂取するエネルギーを増加させるための方法は、食事の摂取量を増やしエネルギーをなるべく取り入れやすい身体づくりが必要となります。その為には、胃腸を改善することです。
胃腸の調子が悪いと、食欲もなく消化しにくい身体となり、食事量を増やすこともできません。胃腸の調子を改善する方法は次の4つが挙げられます。

生野菜を控える

野菜自体は健康づくりにとって大変重要な食材ですが、身体を冷やすという欠点も
あります。特に、生野菜にはレクチンと呼ばれる植物毒素が含まれていますので、摂取すると身体には良くありません。野菜はなるべく湯どうしして摂取することをお勧めします。

冷たい飲み物は控える

冷たい飲み物は身体を冷やし、胃にとっては悪影響を与えますので、温かいお茶・白湯などで胃腸を良い状態にしておくことが大切です。

ストレスをためない

現代社会ではストレスをためないことは難しいことですが、ストレスが胃腸へ悪影響を与えることが明らかです。ストレスをなるべく減少させる為にも「しっかりと睡眠をとること」と「好きなことに集中して忘れる」ことが太りたい人には必要です。

サプリメントを飲んで体質を改善する

日常の食事で摂取するのが難しい栄養成分を太る為のサプリメントで補充するのが最適です。最近では、胃腸にとって必要とする消化酵素を多く含まれたサプリメントも販売されていますので、1ケ月から3ケ月ほど飲用して体質を改善するのもお勧めの方法です。
このように、胃腸を良い状態にして太る為の食事を行います。そのポイントとしては次の3点が挙げられます。

3食をバランスよく食べる

朝食を抜いたりすることは決して太る為にはよくありません。朝食を食べない習慣の方
はシリアルを食べるようにしてください。栄養成分とエネルギー量もそれなり含まれて
おり朝食には最適です。

夕食の量を増やしていく

夜間はエネルギー吸収を増加させますので、夕食の量を徐々に増やすことは太る為には必要です。但し、胃に負担のかかる食事は胃もたれになるので夕食より昼食に摂取してください。

ごはんを主に食べる

白米には炭水化物以外にも健康に必要な多くの栄養成分が含まれていますので、健康的
に太るには最適の食材です。
胃腸を丈夫にして、食事の摂取方法を変えて太ることが基本的な太る為の方法です。さらに、太る為の運動としてお勧めの方法は、スクワット又は腕立て伏せなどの無酸素運動を取り入れることによって筋肉を増加させることも忘れずに実践してください。水泳・ジョギングなどの有酸素運動は太る為には逆効果になりますので注意してください。

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。

今から始めるデブエット!太りたいと思っている人が実践すべきこと

太りたくても太れないという人が少なからずいます。ですが、そういう人の多くは決していくら食べても太れないという人でなく大抵は食が細い事が原因で太れないという人が多いです。

また、普通に食べているつもりでも太れないと感じている人もいます。
そういう人はどうして太りたくても太れないのかというと、ひとつは糖質の摂取量が少ないという事があります。

よくあるのが男性で元々あまり甘い物が好きでなく日頃から全くお菓子を食べていない人や、ジュースを飲んでいない人やまた食事も炭水化物をあまり食べない人というのがこれに当てはまります。

ですから、周囲に甘い物に関心がないという人でさらに食事も炭水化物ををあまり食べないような人は、いくら太りたいと思っても全く太れないです。

なぜなら、人間が一番太る原因は糖質を多く摂取するかどうか決まると言っても過言ではないからです。
なので、本気で太りたいと思っているなら甘い物や炭水化物にあまり興味がなくてもこれらを普段から、多く食べるようにしていれば嫌でも太るようになります。

そうすれば、摂取された余分な糖質が脂肪に変換されて太るようになります。
もちろん、いくら甘い物や炭水化物を多く食べても太れないという人もいます。

そういう人はいくら糖分や炭水化物をたくさん摂取しても体質的にそれらが体外に
排出されるからです。ですから、そういう人はいくら太るために糖分や炭水化物を多く摂取しても
思ったように太れないです。

ですが、それはごく稀なケースで大抵はかなり糖分や炭水化物の背摂取量が少ない事で起きています。
ですから、特に体質的な問題以外の原因で太れないと思っている人はまずは今よりもたくさん糖分や、炭水化物を摂取するのが大事です。

それで多くの人は少なくとも今よりも太るようになります。ただ、中には糖分や炭水化物を普通に摂取しているけれども太れないと思っている人もいます。

そういう場合は自分では必要な量を食べているつもりでも実際は全然太るために必要な量の糖分や、炭水化物を摂取できていない事があります。

というのも、中にはいつもきつい肉体労働をしていて普通の人以上にカロリーを消費しているにもかかわらず、その消費カロリーを下回る程度のカロリー摂取しかできていない場合もあるからです。

それではいくら自分では必要な糖分や炭水化物を摂取しているつもりでも全然太るほど摂取できていない事もあります。
それではいくら糖分や炭水化物を摂取していると思っていても、実際は全然足りていない事があります。

なので、基本的に太れないと思っている人は今以上に糖分や炭水化物の摂取を増やしていくしかないです。
そうしないと、カロリーの消費の方が摂取を上回ってしまって思ったように痩せる事ができないです。

それが太りたくても太れない人が陥っている過ちです。結局太れない人が本気で太りたいと思うなら無理をしてでも炭水化物等を多く食べるしかないという事になります。

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。

健康的なデブエット!太る為の生活習慣

食べてもなかなか太らない、痩せすぎているのがコンプレックスだという人は多くいらっしゃると思います。

そんな方にオススメなのがデブエット!生活習慣をちょっと見直すだけですぐに太る事が出来ます。

運動で太る

一つは運動です。摂取カロリーに対して消費カロリーが多いと人間は痩せるので、逆に摂取カロリーに対して消費カロリーを抑えれば太る事が出来ます。

昔からよく「食べてからすぐに寝ると牛になる」と言われていますが、まさにその言葉のとうりで、食べてもそこまで多く動かなければ太ります。

通勤で太る

次に移動手段です。通勤だったら電車・バスではなく車を使う機会が多くなると、歩く歩数が減るので、太ることが出来ます。

電車やバスは予め決められた乗り場から目的地までの距離を歩く必要があり、その分カロリーを消費しますが、車だと自分が行きたい目的地まですぐ行く事が出来てしまうので、その分歩く距離が短くなり、消費するカロリーも少なくなるからです。

食事で太る

そして食事です。欧米の人たちを見ても分かるように、肉中心の生活をしていると、体にたんぱく質が蓄積されてどんどん太っていく事が出来ます。たんぱく質といえば、肉以外にもごはんやパンにも多く含まれているので、そういった食品を積極的に摂取することによって太りやすい体質になって行きます。

食べる量ですが、朝に多く食べるよりは夜に多く食べた方がより太りやすいです。
というのも、人間の基礎代謝は夜よりも朝の方が上がりやすいので、逆に基礎代謝の上がりにくい夜を狙ってディナーを多めに取る事をおすすめします。
しかし、このような生活をずっと送っていると生活習慣病になってしまうリスクもあります。

健康に気をつける

いくら太りたいからと言って、たくさんご飯を食べて、運動も何もしないという生活を繰り返していると、糖尿病や動脈硬化の原因を作ってしまうだけで最悪死に至ってしまうケースもあります。

ですので運動を夜に少しでも行う事をおすすめします。先程申しましたとうり、人間の基礎代謝は朝が上がりやすいので、逆に基礎代謝の上がりにくい夜に軽いウォーキング等を取り入れていく事によって、危険な病気を招くリスクを抑える事が出来ます。

健康面を考えると軽いウォーキングを継続して行う事が一番良い方法ですが、短期間ですぐに太りたいという方には有酸素運動ではなく筋トレ等の無酸素運動をする事をおすすめします。

たんぱく質を筋肉に変えて体を大きくする方法です。痩せててガリガリだと男性は特に貧弱そうで頼りないイメージになってしましますが、ある程度太って体が大きくなって更に筋肉質な体になると、女性からもがっちりしていて頼りがいがありそうという良い印象を持ってもらえるので頑張る価値ありです。

女性の場合は、そこまで筋肉質にはならなくても、ガリガリよりはある程度肉が付いててお腹周りや二の腕が締まっている方が男性受けも良いので、こちらも頑張る価値ありです。

このように運動と食事のバランスを上手く調整することによって、健康的に太ることが可能になります。

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。

太るサプリとの併用で効果アップ!運動で太る筋肉トレーニング

私は高校1年のころ身長171㎝でしたが体重47㎏でやせっぽちでした。
ですが、筋トレと食事で一年間で58㎏まで体重を増やすことが出来ました。

太る方法は基本的にお相撲さんをイメージして頂けるといいです。
筋肉トレーニング(稽古)をして、一日2食しか食べない代わりに大量に一度のご飯を食べることです。

こうやって少ない食事でたくさん食べることにより、胃拡張になりますので、少しずつですが、たくさん食べ物が食べられるようになります。

また、筋肉トレーニングは大事です。

きれいに太るデブエット

太るといってもきれいに太らなければならないですし、体が栄養を枯渇していなければ太りません。

この記事を読んでいる方はおそらく体が栄養を枯渇しておらず、細い体が安定していると推測されます。

本当はプラス10キロも太ると体に負担がかかり、しんどくなるのですが、筋肉で体を作るとあまり、無理なく太れます。

ですが、それ以上太る場合生まれつきの骨格の限界を超えてしまいますので、要注意です。

もししたい場合ボディービルダーがしているように「消化剤」を病院なり薬局で手に入れ飲むことをお勧めします。

なお、食事ですがお相撲さんのちゃんぽんのようになるべく咀嚼することなく短時間で食べられるものが太るためには適しています。

咀嚼(そしゃく)回数が多くなると満腹中枢が刺激されてあまり食べることが出来なくなるからです。

また、短時間で食事が終われば、体の負担も軽く続きやすいです。

食べたらすぐ練る

お相撲さんがすることで真似したいのは食べたらすぐに寝ることです。

これはさすがに朝食後や昼休みにはまねできないですが、夜食と言う形では真似できるはずです。

とはいうものの即効効果がでるのはやはり、筋肉トレーニングと消化剤です。
美しく太るためには必須です。

筋肉トレーニング

さて、筋肉トレーニングはどうしたらいいのでしょうか。
始めは腕立て伏せと懸垂をしているといいです。

簡単にできるようになれば、ジムに行けばいいです。
なお筋肉トレーニングとは筋肉の繊維を程よく破壊することにあり、その後休憩を2日くらいすることで筋肉の繊維の超回復を起こさせることにより筋肉の繊維の肥大を狙っています。

ですので、筋肉トレーニング後は絶対に休憩を2日くらいとる必要があります。

筋肉トレーニングは大体20回から10回しかできない回数の運動を3セットすると効果が一番高いです。

続きですが、腕立て伏せと懸垂が簡単にできるようになればもうかなり、痩せマッチョで筋肉質で美しい体が手に入っているハズです。

ここから先はジムでのバーべルやマシーンでの本格的な筋肉トレーニングが始まります。
とは言っても基本は同じです。

ただ、バーベルやマシーンに自分の体重を使った自重トレーニングから変わっただけです。

より強い刺激(筋繊維の破壊)ができます。

ここで、下半身の筋トレも始めることをお勧めします。
スクワットで、始めは何も使わず50回×3セットできるようになるよう頑張って下さい。
その後バーベルをもってスクワットをするように移行していって下さい。

大きな筋肉を鍛えることで太ることを目指しますので、他の細かい筋肉トレーニングは無視しましょう。

上半身はベンチプレスと懸垂で十分です。

ベンチプレスは自分の体重位が持ち上げられるともう十分です。
では以上となりますので、頑張ってください。

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。

胃下垂でもデブエット!太りたい方必見、気づいたら太れていた方法。

私は幼稚園、小学校から結構細い方で食べてもどちらかというとあまり太らないタイプでした。

みんなと同じ量を食べていても、明らかに自分だけ下っ腹がまん丸になってしまう胃下垂です。

お腹いっぱいになるまでは早いのですが、限界がくるまでは人より倍くらいは食べ物が入る自信があります。

それくらい結構食べれるタイプです。
姉も胃下垂と診断されているので遺伝かなとおもいます。

胃下垂のデブエット奮闘記

わたしは高校に入ってからもとも好きだったのですが、スイーツがすごく好きになって、そこからいま徐々にふとっています。

ロールケーキとかは結構カロリーが低いそうですが、試験前の勉強のときにイライラしたり、現実逃避の一貫として常に冷蔵庫に向かっていろいろ食べてしまいます。
スーパーで売ってるロールケーキを1人で一本食べたり、ひたすらアイスを食べてたら3週間で3キロくらい増えます。

アイスがすごく好きでいろいろ食べてますが、ハーゲンダッツやスーパーカップなどのシャーベットやガリガリくんのようなタイプではなく、アイスクリームの方が太りやすいです。

あとは脂質を確認してもらえば分かると思いますが、ハーゲンダッツはずば抜けて脂質、カロリーが高いです。

やっぱり濃厚なアイスクリームは脂質もカロリーも高いですね。

あとはグラノーラをお菓子として暇さえあればすごく大きいパックのグラノーラを、なにもかけずにばりばり食べて一袋完食してました。

想像以上にグラノーラは蜂蜜とかも入っててカロリーは本当に高いです。
あとはお茶の代わりに牛乳やいちごみるく、ココアをのんでました。
普通に太ります。

毎日必要な飲み物の代わりに糖分や脂質を吸収することになります。

食べ放題チャレンジ

食べ放題に定期的にいくと太ります。

スイパラなんかはご飯とスイーツ両方あるので例えばスイーツにあきたらご飯、ご飯にあきたらスイーツに、というふうに繰り返すことで永遠に食べれそうな気がしてきます。
値段も安いので他のお店より行きやすいかとおもいます。
ほんとうにおすすめですよ。

羊羹もよく1人で一本食べてました。
結構ずっしりくるなとおもってカロリーをみたら一本1000カロリーでした。
羊羹はふとります。

糖質がやっぱり1番ふとる、とききます。
要するにお米やパンなどの炭水化物を食べると一気に太るということです。

パンの食べ放題の店が今では多いのでいいですよ。
わたし自身パンが大好きで、菓子パンをよく食べます。

お腹にたまらない上にカロリーが高いので太りたい方には絶好の商品だとおもいます。
お値段も安いですし。

もし太りたいと思うなら菓子パンもありです。

あとはこれはわたしではないのですが、部活のために体重を増やすしたいといっていた友達はラーメンを大盛りで食べた後にご飯をスープにいれてまた炭水化物をとるというのをしていました。

普通にもう美味しいから行ってる人もいるとおもいますが、炭水化物オン炭水化物ですごく太ります。

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。

さあデブエット!太るサプリ以外で健康的に太るための方法とは

世の中はダイエットに意識が向いています。色んなダイエット方法が色んな本やネットで流れていますね。

しかし逆に太りたい人もいるのです。

誰がどう見てもガリガリな体を改善したい、でも太り方がよくわからない。
そんな方も少なくはありません。

ではこれから太る方法を紹介します。ただ食べ続ければよいと言えばそれまでですが、やはり健康的に太りたいですよね。

ではその方法とはどのようなことでしょうか。

1、太る体への準備をする

まず太るためには太る体質に変えていくことが大事です。

太るためには食べる量を増やすことがもっともなのですが、もし食欲がわかなければそれも難しいのです。

そこで気を付けるべきことは、体をなるべく冷やさないことなのです。

体は冷えると食欲が減ってしまいます。それは腸の働きが抑えられてしまい消化が遅くなるので、食欲がわかないのです。
ですのでまずは冷たいものを控えるようにしましょう。

冷たい炭酸飲料は控えて、温かいお茶を飲むようにして常に体を冷やさないことに心がけるのです。
これで以前よりも太りやすい体質になっていきます。

2、意識的に食べる量を増やす

これは皆さんが納得のいく話だと思いますが、そうです、食べる量を増やすのです。
しっかりと三食を食べて、一食ごとに少しずつ量を増やしていきまさょう。

ただし食べすぎはよくありません。というより逆効果にもなりかねません。

無理してお腹一杯にしてしまうと胃がもたれたり、時間がたってもおなかがすかなかったりして、結局一食減らしてしまったりしかねないのです。

無理して食べる必要はありません。少しずつでよいので増やすのです。
特にご飯は実は栄養も沢山ありますので、しっかりと食べていくことをおすすめします。

3、筋トレをする

太るためには消費カロリーよりも摂取カロリーを多くすればよいのです。
ですので運動をやめれば太るでしょう。
しかしそれは不健康な太り方です。決しておすすめはできないです。
運動そのものは健康にもよいのでぜひしてください。その運動というのが筋トレです。
無酸素運動でカロリー消費というよりも筋肉をつけて食欲がわくことを手伝ってくれます。
簡単にムキムキにはなりませんが、少しでも筋肉がつくと見た目も良くなります。

4、しっかり休む

太るためには休息も不可欠です。
休むことによりストレスがたまることを抑えます。

ストレスはエネルギーを使う上に食欲を減らすことにも繋がることもあります。
ストレス痩せしている方も結構いるものです。

しっかりと睡眠をとり、体と頭を休めていきましょう。
脳がスッキリしていることは何事にも有益ですので。

まとめに

健康的に太る方法をあげていきました。

単に太るだけならとにかく無理矢理にでも食べていれば良いのですが、それは体を壊すことにもなりかねません。そうなれば本末転倒です。

毎日の生活リズムを整えて、少しずつ食事量を増やすこと。そして適度に運動、しっかり休むことを意識すれば必ず太ることはできます。

痩せすぎは確かに周りからも心配されますし、実際に健康とは言えません。

太りたい方は少しずつでもよいので上記のことを意識して取り組んでみてください。

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。

ガリガリの痩せ型からの脱却!健康的に太るデブエットは運動から

世の中ダイエット記事は氾濫していますが、その逆の体重を増やすための方法や情報は、それこそ皆無と言っていいほど見当たりません。

食べるとすぐに太ってしまうと言う悩みとは別に、食べても太れないし何時まで経ってもガリガリで、なんかみっともなく感じるという悩みを持った人もいるわけです。

ダイエット中の人に言わせれば贅沢な悩み、と言う事になるでしょうがそちらもまた当人にとっては深刻な悩みです。

デブエットで健康的に太る体を手に入れる

さて何とか少しでも太りたい、体重を増やしたいと思った場合ですが、単に太りたいのかそれとも健康的に体重を増やしたいのかで、方法も変わってきます。

元々食べても太れないと言う人の場合、非常に基礎代謝が高い身体をしていると言う事です。食べても代謝量が大きいので、食べた分動きで全部のカロリーを消費してしまい、それでも足りない場合なけなしの脂肪も使ってしまう身体なのですね。

なので基礎代謝量を下げれば、カロリー消費も抑えられることになります。簡単な方法としては、動く時にあまり早く動かずにのんびりとした動作で過ごす。食事の後などはすぐに動かずに、ちょっと横になってのんびりするなどすれば、少しだけでも代謝量は抑えられます。

ついでに食事を炭水化物主体にしてしまえば、いやでも身体に肉がついてきます。

しかしこれだと単に太るだけで、しかも性格的にこの手のノンビリは向いていない、炭水化物はあまり好きではないという方の場合、やはり健康的に体重を増やすために運動がおすすめです。

運動で体重を増やす

でも運動したら筋肉がついて、基礎代謝も余計に上がるのではと言う心配もあるでしょう。勿論筋肉が増えればその分、基礎代謝量も上がります。しかし筋肉が上手くつけば、身体の線もガリガリでは無く綺麗になってきますし、体重も増えていきます。

正直な話、ガリガリに痩せているという人の場合、筋肉も不足しているからそういった痩せ方になっていると言って、過言では無いわけです。しっかりと筋肉をつけていけば、痩せすぎのガリガリから抜け出せることになります。

さてこの筋肉を上手くつけて、綺麗なガリガリではない身体にする運動方法ですが、ここはやはり有酸素運動をおすすめしたいところです。呼吸を深く出し入れできる有酸素運動の場合、ダイエットにも勿論有効な、呼吸を使って脂肪を溶かし筋肉に変換すると言う作業が出来ることになります。

でも痩せ型の人の場合溶かす脂肪が無いじゃないか、と思われるかもしれませんが、内部脂肪など余分な脂肪はどこかについているものです。そちらの処理をしつつ、身体に綺麗に筋肉をつけていけば、ガリガリの痩せ型からの脱出が叶うと言う事になります。

有酸素運動としては、ジョギングやバレエなどがおすすめです。特にバレエは姿勢も良くなりますので、筋トレと同時に綺麗になりたい方には、大変におすすめの運動になります。

体重に関しても筋肉は脂肪よりも重いと言う事は、皆さんご存知でしょう。上手く筋肉をつければ、体重も自然に増えると言う事です。

何をやっても太らない時は「痩せ菌」を疑うこと!

「いくら食べても太れない」
「何をやっても太れない」

という方は、腸内に痩せ菌と呼ばれる
バクテロイデス」が大量発生している場合があります。

この場合、サプリメントなどでバクテロイデスを無力化するのが簡単で安全です。

しかし、どのサプリメントでもいいという訳ではありません。
痩せ菌には、「太るサプリ」がオススメです。