1. 太るサプリ
  2. 太る方法
  3. ≫簡単デブエット!太る方法を食事面からアプローチ

簡単デブエット!太る方法を食事面からアプローチ

世の中には様々なダイエット情報が氾濫し、「痩せたい!」という人が沢山います。
でもその逆に、「太りたいのに太れない…」という悩みを持つガリガリさんもいるのは事実。
ただ、世の中では明らかにマイノリティーに属してしまうので、その悩みを大っぴらに相談できないのが困ったところ…。
そこでこの記事では、太る方法を食事面からアプローチしてみました。

太るための基本とは

そもそも痩せるか太るかというのは、消費カロリーと摂取カロリーのバランスによります。
消費カロリーが摂取カロリーより少なければ痩せますし、その逆であれば当然太るはずです。
「毎日きちんと食べているつもりだけれどなかなか太れない…」と言う人は、自分が1日に何キロカロリーを取っているのか一度計算してみると良いでしょう。
量を食べているつもりでも、思ったよりもカロリーが少ないという場合も十分にありえます。
また、きちんと食べていても体への吸収がうまく行っていないという可能性もあります。
なので、太るためには「十分な摂取カロリーを確保する」そして「栄養の吸収を良くする」というこの2点を押さえることが大事です。

炭水化物を多めに食べる!

摂取カロリーを手軽に増やせる食事でオススメなのは、やはりご飯やパン、麺類などの炭水化物です。
炭水化物に含まれる糖分はエネルギーとして消費されないと中性脂肪に変わり、体の中に蓄積されていくからです。
ある程度バランスよく食べるというのは食事の基本ですが、その中でも炭水化物はやや多めに食べるようにすると良いでしょう。
お茶碗に大盛りだと食欲が失せそう…と言う人は、やや少なめに盛り付けてからおかわりをすると良いですよ。

タンパク質もしっかり

脂肪をつけるためには炭水化物は有効ですが、それじゃただ単にブヨブヨした体になりそう…という気がしますよね。
そのためには、筋肉のもとになるタンパク質もしっかり取る必要があります。
肉や魚、卵、納豆などの豆製品、乳製品などをバランス良く食卓に取り入れましょう。
もちろんただ食べるだけでは筋肉になりませんから、是非筋トレも実践するように心がけたいものです。
オススメなのは、体の中で最も大きい筋肉である太ももを鍛えられるスクワットです。1日10回×3セットで良いので、毎日継続すると筋肉量がアップしますよ。

よく噛んで食べる

太りたい人が心がけたいのは、食事の際に「よく噛んで食べる」ということです。
よく噛んで食べることで、消化・吸収が良くなります。これは唾液がたくさん分泌されることで、唾液に含まれる「アミラーゼ」という消化酵素が消化・吸収をアップさせてくれるから。
痩せすぎの人は胃腸が弱いことも多いので、その点でもよく噛んで小さくして消化を良くするというのは大事ですね。

まとめ

太る方法について、食事面からのアプローチでまとめてみました。
太るためには、なんとなく「食べている気がするんだけど…」ではなく、しっかりと毎日の食事に気を使うことが大事ですね。
どうしても太りたい!健康的な体になりたい!という方は、是非参考にしてくださいね。